永峰 由紀さん(20代) パソコン技能検定U種1級・2級取得

◆パソコンを学ぼうと思った動機は?
転職を考えており、何か転職に役立つスキルを身につけたいと思い、パソコンを学ぶことにしました。

◆スルーライフを選んだポイントは?
インターネットで近所のパソコンスクールを探したところ、スルーライフのホームページを見つけ、知人からこちらのスクールは指導が丁寧で分かりやすいと聞いていたので通うことに決めました。

◆スルーライフの印象は?
実際に通いはじめてみると、知人に聞いていた通り、テキストに沿ってポイントを押さえたわかりやすいレッスンで、とてもスムースに勉強を進めていくことができました。メモを取る箇所まで丁寧に指導していただけるので、自宅での復習もしやすく無理なくスキルを高めていくことができ、パソコン操作に苦手意識を持っていた私にはうれしい驚きでした。

◆学習内容とその感想は?(スキルがアップしていく過程で感じたことや変化など)
ワード・エクセルの指導をしていただき知識が身についていくと、自宅でのパソコン操作の幅が広がりパソコンに向かうのが楽しくなっていったのはもちろんですが、一番痛感したのは職場での仕事の効率に差が出たことです。パソコンを多用する職場ではないのですが、多少でも知識があるのとないのとでは仕事の幅やスピードに大きな差が出るものだとあらためて実感しました。

◆資格試験に取り組んでいたときの様子、合格したときの思いなど
2級の資格試験の勉強も特に気負うことなく通常のレッスンと同様に受講できました。毎回教わった内容を必ず一度復習することを心がけていただけで難なく合格できるレベルにまで到達することができました。過去問も十分な回数を解いた上で試験直前に模擬試験も受けることができたので、落ち着いて本番を迎えることができました。
 特に困難に直面することも、大変な苦労をすることもなく、先生を信じて教えていただいたことの復習だけを忘れないようにしていただけで念願の資格を取得でき、先生には本当に感謝しています。これで終わりにすることなく身につけたスキルを今後の生活で存分に活かしていきたいと思っています。

*永峰さんはその後、難関の「パソコン技能検定U種1級」に挑戦、見事1回で合格しました。
 1級取得にいたるまでを永峰さんに記していただきました。


    
 
             「検定試験1級」に合格して     永峰 由紀

パソコン技能検定U種試験2級に合格し、元々の目標としては2級取得までで十分だと思っていたのですが、念願の事務職に転職でき、さらにWord・Excelのスキルを高め仕事に役立てたいと思うようになったため、私は引き続きより高度なWord・Excelの講座を受講することにしました。
Wordでは、表の作成、デザインの技術などを含め、文書作成における技術に自信が持てるほど細かなことまで教えていただきました。現在、社内の掲示物や回覧文作成などに、この時身につけた技術がとても役立っています。
Excelでは「関数エキスパート講座」を受講し、数多くの関数やグラフなど、ビジネスで活用機会の多い技術を学び、高度なレベルにまでスキルを高めることができました。この時使用したスルーライフのオリジナルテキストは大変有効で高度な関数操作の知識を学ぶ上で大きな力になりました。この講座を受講して本当に良かったと思っています。
二つの講座を通してWord・Excelの技術にある程度自信が持てるようにはなっていましたが、1級取得に関しては自分にはまるで手の届かないものだと思い込んでいたこともあり、まったく考えたことがありませんでした。しかし、先生に1級取得に挑戦してみてはどうかと勧めていただき、それでも最初は自分が1級に合格できるようになるとは思えなかったので、かなり悩みました。でも、2級を受験したときもそうだったように、先生のことを信じてついていけば私でももしかしたら1級に合格できる可能性があるのかも…と思うようになり、不安はありましたが思い切って挑戦することに決めました。

1級受験に向けてはスルーライフのオリジナルテキストとインターネットでの模擬試験で学習していきました。模擬試験でいざ挑戦してみると思ったよりも解くことができ、「関数エキスパート講座」でいかに自分がたくさんの関数を身につけていたかを実感しました。スルーライフのオリジナルテキストでは、模擬試験だけでは網羅しきれない知識や解法を補うことができました。自宅での学習は授業の復習だけをしっかりするというものでしたが、それだけの学習でも模擬試験を解く度に試験の形態に慣れていき、合格できるレベルの得点を取れるようになっていきました。
試験が近づいてくると、授業の復習のほかにまだ解いたことのない過去問題を1回分解くことを自宅学習に加えましたが、それ以上のことはしませんでした。1級の試験は2級ほどパターン化されていないと聞いていたので、過去問題をたくさん解いて様々な問題に触れておくことが本番への自信につながると思い、とにかく過去問題をしっかり解くことに集中していました。

いよいよ試験当日を迎え試験問題をはじめると、問題量の多さには少し驚きましたが、技術的には今まで学習してきたことが出題され、まったくわからないと思うような問題はありませんでした。授業を通して1級の問題を解けるだけの力を十分につけることができた証だと思いました。
試験を終えて「大きなミスもなく解くことができただろう…」とは思いましたが、それでも合格発表までは落ち着かない日々を過ごしました。
試験から約3週間後、先生から連絡があり試験に合格したことを伝えていただきました。本当にうれしく、ほっとしました。自分が1級を取得できるなんて以前は思いもしなかったので、信じられないような不思議な気持ちになりました。

振り返って見ると、授業の内容を確実に身につけることだけを意識して取り組んできた結果、本当にスムースに1級取得まで到達することができました。学習の成果を資格という形に残すことで、自分自身のパソコンのスキルにより一層自信がもてるようになりました。今後の人生にも大いに役立ってくれるものと思います。1級受験を勧め合格できる実力を養ってくださった先生にはとても感謝しています。
今後、身につけたスキルを無駄にしないよう維持し、仕事にもどんどん役立てていきたいと思います。

佐藤 利也さん(60代)

◆パソコンを学ぼうと思った動機は?
在職中、私はパソコンを我流ですがそれなりに利用していました。
退職を機に「余暇を利用してパソコンを幅広く活用できる技術を身につけたい、それには基礎からしっかり学習しよう」、そんな思いでスクール選びを始めました。

◆スルーライフを選んだポイントは?
パソコンスクールを選ぶにあたって考えたことは、「多数の生徒の一斉授業は自分には合わないな」ということでした。
インターネットを検索中、スルーライフのホームページを見つけその授業スタイルや指導方針に好印象を持ちました。その後スルーライフを訪ね、担当の方から説明を受けその日のうちに入会を決めました。「自分のレベルとペースに対応してくれそう」、これがスルーライフを選んだポイントですね。

◆スルーライフの印象は?
スルーライフの良さは、個人のレベルに応じて丁寧にわかりやすく指導してくれるという点です。また、個人の質問にもくわしく対応してもらえるので私自身たいへん助かっています。スルーライフを選んで本当に良かったと思っています。

◆学習内容とその感想は?
(スキルがアップしていく過程で感じたことや変化など)
私は基本的に文書作成の授業から入りましたが、場面に応じてインターネットとの関連やOS(基本ソフト)の基礎知識についての学習も取り入れて進みますのでより知識が深まります。
印象深かった授業はインターネットの授業です。私は釣りが好きで、以前からインターネットで釣り情報などを見ていましたが、スルーライフの授業で、より詳しく的確な検索の方法、ページの印刷、各種のダウンロード、履歴の活用や設定などこれまで知らなかった知識や技術を学び、以前よりインターネットの活用の幅が広がりました。
その後、パソコンへの関心が一層高まり、デジカメ、写真、メールと学習を進め、取り組んだソフトも定番のワード、エクセルからホームページビルダー、パワーポイントと広がっていきました。
最近はブログも開設しパソコンライフを楽しんでいます。

小嶋 翔太くん(10代 中2)  パソコン技能検定U種2級・3級取得

◆パソコンを学ぼうと思った動機は?
親が将来のためにとパソコンの学習をすすめたことが直接のきっかけですが、自分でもパソコンでどんなことができるのだろう、とかインターネットの使い方について興味があったからです。

◆スルーライフを選んだポイントは?
親と説明を聞きに初めてスルーライフに行った時、体験授業をしてもらいました。その時先生が優しく熱心に教えてくれ、自分を励ましてくれたことがとても印象に残っています。

◆スルーライフの印象は?
丁寧にわかりやすく教えてくれます。テキストを見るとちょっと難しいなと思うことも、先生がわかりやすく解説してくれるのでだんだんと技術が身についていきました。また先生が用意してくれるスルーライフのオリジナルテキストやおもしろい題材で授業をしてくれるので楽しくパソコンのことを勉強できました。

◆学習内容とその感想は?(スキルがアップしていく過程で感じたことや変化など)
スルーライフに来た時はキーボードを打つスピードが遅く、全然うまく入力ができませんでしたが、今ではとても速く入力することができます。ワードの文書作成では写真や表を挿入した色々な文書を作成し、今ではきれいな案内文書や絵はがきなどが簡単に作れるようになりました。エクセルでは表計算やグラフの挿入、データベースの処理のほか、苦手だった関数を使って計算することもできるようになりました。
 またインターネットの基本やその活用方法も学び、学校の勉強に生かすことができます。
そのほかにも写真の加工・編集や年賀状ソフトを使った色々なはがきの作成を学習しました。
色々なことができるパソコンはすごいと思います。

◆資格試験に取り組んでいたときの様子、合格したときの思いなど
3級の試験に合格した後、2級にも挑戦しようと思いましたが、正直自分は合格できるかな、という気持ちでした。一番大変だったところは、2級の試験で表を2つも挿入するところがあって、なかなか時間内に終われないことでした。でも、先生にたくさんアドバイスをしてもらい模擬試験を重ねるうちにだんだんと自信がついていきました。試験当日が来て緊張感や不安感もありましたが自分なりに力を発揮することができました。
合格が発表された時はびっくりしましたが、本当にうれしかったです。


英会話を学んだ生徒さんの声
留学体験

< HOME